インプラント以外の選択肢

本日の治療

2本虫歯を治して、ブリッジの仮歯を作成しました。

こういった欠損の場合、選択肢は①インプラント ②ブリッジ ③義歯 の3つになります。

最近はインプラントありきの説明が氾濫し、ブリッジと義歯が悪者のようになってしまっていますが、診断と技術が確かであれば本来は長持ちする治療法です。

当院ではインプラントに偏らず、すべての選択肢の中から患者さんにとって最も有利な治療法を提案します。

 

 

本日のインプラントOPE

本日は二次OPEでした。

二次OPEとは、インプラント埋入OPEの3~6か月後、骨と結合した後に土台を立てる手術のことです。

手術と名前がついていますが、いたって普通の治療ですので患者さんもリラックスしていました。

左上の小臼歯部2本のアバット(土台)を立ててプロビジョナル(仮歯)を作成しました。

エマージェンスプロファイル(歯肉からの立ち上がり)も良好です。

あっ!!間違えないでくださいあくまで「仮歯」です。

「仮歯ですよ」

強調しておかないと本物と間違えてしまう患者さんがいらっしゃいますので

本物はくらべものにならないぐらい綺麗ですのでご期待ください

本日のインプラントOPE

昨日に引き続き、本日もインプラントのOPEを行いました。

左下小臼歯部 インプラント1本埋入

フラップレスでもよかったのですが、角化歯肉の問題でフラップをあけて1回法としました

当院のインプラントレントゲン画像診断はCT・パノラマ・デンタルと3種類ありますが、簡単な症例の場合、術後確認のレントゲンはデンタルという小さいもので済ますことも多いです。

患者さんの被爆をできるだけ少なくする方が良いのは間違いないですからね。

本日のインプラントOPE

女性 左下大臼歯部 インプラント2本埋入 上部構造3歯予定

CTで下顎管壁が明瞭ではなかった為、通法どおりフラップをあけて直視下で埋入

初期固定良好(近心40N 遠心35N)

フラップを定位に縫合して手術を終了しました

かしば歯科では週に1~2回インプラントのOPEを行っております。

お悩みの方はご相談下さい。

土曜日は矯正の患者さんが多数お見えになります

矯正治療の患者さん 土曜日は多いですね

調整が8名 ブラケットセット1名 矯正相談4名

当院は非抜歯矯正を研究しております(一次矯正・GMD・ディスキング・アンカーインプラント)

もちろん抜歯した方が綺麗に治るケースは別ですが、抜かなくてもきちんと治る症例は非抜歯で治療した方が健康的でスピーディーです。

歯並びでお悩みの方は是非ご相談ください。