下顎両側567欠損

奥歯が無くなると前歯が強く当たり始め、グラグラして出っ歯になりやがて抜け落ちてしまいます。

本症例はインプラント治療により奥歯の回復を行いました。

 

上部構造作製 作業模型

 

横から見ると欠損部位にインプラントが入り、咬むことができるようになった様子がよく分かります。

 

左側も同様に良く咬めるようになりました。

これで臼歯部の垂直的咬合支持が回復され、上顎前歯が突き上げられることが無くなりました。

下顎567欠損

臨床的に非常に良く遭遇する欠損形態であり、咬合崩壊の入り口でもあります。

どこか歯が無くなると、その分他の歯の負担が増えてやがて順番にダメになってしまいます。

そのような咬合崩壊を阻止する唯一の治療方法がインプラントとなります。

下顎567欠損部にしっかりとインプラントが入りました。

これで他の歯の過重負担は解消されました。

横から見た状態です。

咬めるようになるのはもちろんのこと、見た目も綺麗に回復することができました。

歯が次々とダメになるのを早めに食い止めたい方は、是非かしば歯科のインプラント外来でご相談ください。

下顎前歯のインプラント治療

下の前歯が欠損の患者さんです。

このような3歯連続欠損の場合、ブリッジは設計不可であり

歯を入れたい場合は義歯かインプラントどちらかの選択となります。

本症例はインプラントにて治療を行いました。  implant120 implant121

真上から見た状態です。

骨が硬くて薄い下顎前歯部はインプラント治療の難易度が高い部位です。

本症例はGBRという骨造成を行いインプラントを埋入しました。

implant118

二次手術時に充分な骨幅を維持できていることを確認し

implant119

上部構造を装着しました。

インプラントをする理由

下の奥歯が2本無い症例です。

歯が無い状態の何が問題かと言うと、残った歯の負担が倍増することです。

オーバーな力が歯にかかり続けると、やがてグラグラしたり割れたりで抜歯となり、また歯の無い範囲が拡大していきます。

その悪循環を断ち切る方法がインプラント治療です。

implant116

implant117

この症例は歯が無い部分にインプラントがしっかりと入り

全体で均等に咬めるようになりました。

たった2本のインプラント治療によって残存歯の負担は激減し、

欠損を作り出す悪循環とは無縁の咬み合せになりました。

implant115
implant114

見た目も綺麗で、一度歯を失ったことは誰にも気がつかれることは無いでしょう。

 

歯が無い部分が気になっている方はお気軽にご相談ください。

入れ歯からインプラントへ

implant113

部分入れ歯がストレスになるということでインプラントを希望された患者さんです。

画像左下の銀歯は部分入れ歯のバネの負担を受けて

残念ながらダメになっていました。

implant112

欠損部分とダメになった銀歯の部分にインプラント治療を行いました。

入れ歯より圧倒的に咬むことができるのはもちろんのこと

これ以上他の歯に負担をかけないので、ご自身の歯を守る最善の治療方法と言えます。

 

部分入れ歯にストレスを感じている方は、ご相談いただければと思います。