反対咬合の矯正治療

反対咬合(受け口)の患者さんです。

歯列矯正と骨格の成長誘導より受け口特有の側貌が改善しました。

 

正面からの術前術後

反対咬合が改善し、並びも綺麗に整っています

 

 

右側面観の術前術後

classⅢという反対咬合のかみ合わせから、classⅠという理想的な位置に改善しました。

 

 

左側面観の術前術後

左側もclassⅢからclassⅠに改善しました。

開咬(オープンバイト)の矯正治療

前歯が開いているのが気になるという女性の症例です。

この状態は開咬(オープンバイト)と言って、咬んでも前歯が開いている不正咬合です。

開咬は見た目が悪いだけでなく、奥歯や顎関節に負荷がかかる状態の為、矯正治療を行い、審美的・機能的改善を行いました。

術前は一番奥の歯しか咬んでいませんでしたが、術後はしっかりとすべての歯が咬み合うようになりました。

もちろん見た目的にも綺麗になりました

 

 

開咬は成長段階で防ぐことができる場合もございますので、気になる方は是非ご相談ください。

 

埋伏犬歯を伴う成人女性の矯正治療

片側の犬歯が埋伏している成人女性のケースです。

埋伏犬歯に対する治療法は開窓・牽引が第一選択ですが、本症例は成人のケースであり、変則的アプローチの方がメリットが大きいと診断し矯正治療を行いました。

ガタガタしている状態から、綺麗に並びました。

変則的アプローチを感じさせないレベルの左右対称性も得ることができました。

 

右側面観 すべての歯が機能的な位置に移動しています

左側面観 右同様にすべての歯が機能的な位置に移動しています。

ガタガタが目立っていた状態から

とても美しいスマイルラインに仕上がりました

 

症例をご覧いただきありがとうございます。

埋伏犬歯の治療方法は開窓牽引が基本ですが、症例によっては変則的なアプローチの方が審美的・機能的に良い結果を出すことができる場合があります。

歯並びが気になっているけどそこまで大きな手術はしたくないと考えている患者さんは是非ご相談下さい。

ガミースマイルの改善

笑うと歯茎が目立つのが気になるという女性の患者さんです。

いわゆるガミースマイルと呼ばれる状態ですが、矯正治療で審美的改善が可能なケースと診断し治療を行いました。

 

kyousei105kyousei106

術前と術後の比較です。
上顎の前歯を上方に矯正移動して、歯茎の見える量を減らすことができました。

 

kyousei107
前歯を後方にも移動させた為、横から見たときの前突顔貌も改善しました。

kyousei108
口元の盛り上がりが解消し、口を閉じている状態の審美性も向上しました。

ガミースマイルでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

歯を抜かない上顎だけの矯正治療で短期改善

上の前歯が気になるという20代女性の患者さんです。

歯を抜かない上顎だけの矯正治療で短期改善を行いました。

kyousei99 kyousei100

部分矯正にありがちな咬み合せの浮き上がりも無く、綺麗に仕上がりました。

 

kyousei101
kyousei102

虫歯で黒ずんでいた前歯は、ダイレクトボンディングで白く綺麗にしました

 

kyousei104 kyousei103

結果として短期間で明るく美しいスマイルを手に入れることができました

ピンボケ((+_+))